感謝祭としての魅力

愛知県の方々の憩いの園として平成27年4月28日に誕生したのが「あいち健康の森薬草園」です。ここには、四季折々に花や実をつける150種類以上の薬用植物が植栽されています。そのどれもが、見て、触れて、なおかつ、体験型で楽しめるものです。また、2019年3月10日には薬草に触れ合いながら健康づくりを考えられる「春のふれあい感謝祭」を開催することで話題を集めています。毎年、3月に開催されるこの感謝祭、イベントの内容に魅力があります。協力するのは、シルバー人材センターの方々や薬剤師です。お子さんには、お菓子のプレゼントもありますから、ファミリーで遊びに行くにもお勧めです。例えば、研修展示室においては、薬剤師会講師によるハナモモの講演を催していたり、芝生広場では、自然の中でしゃぼん玉で遊ぶこともできます。また、薬剤師を招くことにより、健康について知る、考える、行動に移すことができてしまいます。ここでは、今の健康状態をチェックでき、生活習慣病を予防することを指導してもらえる内容です。普段、お薬や健康について気にはなっていても、なかなか質問できる、話せる機会はそうそうないはず、だからこそ、個別にも答えてくれるのは嬉しい内容です。もちろん「あいち健康の森薬草園」にて植栽している薬草を使ったお茶の試飲ができたり、薬草園やハーブコーナーの案内も行ってくれます。また、手芸・木工品、野菜や花などを販売してくれるので、健康を目的としてではなく、お買い物をしたい、こうした人にも魅力があるのではないでしょうか。

新着記事リスト